車査定

高齢者の自動車の運転とその将来


車の運転に関して高齢化している日本ではお年寄りやかなりの年配者が車を運転しているという現実があります。事故の危険が高まりかなり怖い思いをすることもあるのではないかと思います。もちろんしっかりと運転している人も多いですからすべての高齢者というわけではありませんが、全体的な傾向として高齢者というのは前しか見なくなってしまうことが多いので、自分の運転する車の周囲にはどのようなものがあるのかということに気がつかないことが多いのです。それでその車の側を走っている車が慌ててよけたり、あるいはいらいらしてしまったりすることは多々あるのです。

 

また駐車する際にもなかなか駐車できなくなってしまうことがあります。もたもたしてしまうし、隣に駐車してある車にぶつかりそうになったりすることもあります。確かに高齢者が運転をするのは容易ではないのかもしれませんが、そうしたことを認めたくないという現実があるように思います。自分もいつかそうなる年齢になったら、高齢者の気持ちがわかるようになるのかもしれません。将来自動車メーカーの開発によって自動運転車が当たり前のような社会になったら、高齢者でも問題なく車を運転し続けることができるのかもしれません。