車査定

カローラフィールダーがビッグマイナーチェンジ!


トヨタ自動車のステーションワゴン「カローラフィールダー」が大掛かりなマイナーチェンジを施してリニューアル、2015年3月30日より販売開始されました。
フロントは、現行型ヴィッツと同じくアッパーグリルからヘッドランプへ連続したメッキパーツを加え、大型のメッシュグリルを取り入れ、リアコンビランプも形状を変更、より躍動感に溢れたデザインとなりました。
買い替えの時にはチェックを→中古車を売るならどこがいい
エンジンは、従来同様1.5L・1.8L・1.5Lハイブリッドの3種類を用意、中でも新開発の1.5Lエンジンは、トヨタがハイブリッド技術の研究・開発を通じて磨き上げてきた燃焼技術を惜しみなく導入、高圧縮比・アトキンソンサイクル・クールドEGR(排出ガス再循環)システム、可変バルブタイミングを電動モーターで制御するVVT-iE、アイドリングストップ機能などを搭載し、ハイブリッド車に匹敵する低燃費性能を身につけました。JC08モード燃費は、2WD・CVT車で23.0km/Lとなっています。
また、最先端の安全技術「Toyota Safety Sense C」を採用、レーザーレーダーとカメラを組み合わせたシステムで前方の走行車両や障害物を検知し、危うく衝突の危険性に遭遇した場合にブザーとディスプレイ表示で警報を出すし、状況により自動ブレーキを作動させ衝突回避を支援します。