車査定

本家オペルよりも安価、スバルのミニバン「トラヴィック」

スバルが2001年に世に送り出したミニバン「トラヴィック」は、今となっては日本市場から撤退して久しい欧州のオペル(ゼネラルモーターズ傘下)のラインナップであるミニバン「ザフィーラ」のOEM供給車です。トラヴィックは、生産コストの安いタイで製造することによってコストダウンに成功し、本家ザフィーラよりも安価で販売されていました。
トラヴィックは、他社からのOEM提供ゆえにスバル独特の水平対向エンジンやAWD(4WD)システムは搭載していないこともあって当時のスバルのラインナップとしては異質の存在でした。
エンジンは2.2Lの直列4気筒ガソリンエンジンを搭載、後のマイナーチェンジでダウンサイジングされた1.8Lエンジンも追加されました。
トラヴィックはドミンゴ以来の3列シート・7人乗りの車種であり、日本のミニバンがこぞって採用している多様性よりも走行安定性や安全性能に重きをおいた車造りがなされました。トラヴィックは本家のザフィーラと差別化を図るべく、スバル専用装備であるエアロパーツや16インチアルミホイールが用意されました。上位グレードには本革巻きステアリングホイールやヘッドランプウォッシャーなどの豪華な装備が設定されていました。