車査定

電動メタルオープンって少ない


日本では、オープンカーはあまり売れないため、それほど車種がありません。高温多湿であるのと雨が多い国だからという事が、簡易ているでしょう。そういう中、海外同様の電動メタルオープンを採用した車がありました。それは、ソアラです。後にレクサスに編入されましたが、画期的な一台でした。ソアラは、スペシャリティーカーとして大人気でしたが、2.5リットルターボと4リッターエンジンの大きなボディのソアラになり、若者からの人気がなくなりました。そして、更に北米を意識したラクジュアリーモデルとして、電動メタルオープンが採用されたソアラが発売されました。このソアラのデザインは、好き嫌いが分かれると思いますが、ウッドパネルや本革シート、4300CCのエンジン等、ラクジュアリーです。また、2シーターではなく、4シーターを採用しています。メルセデス・ベンツのSLKやSLが、2シーターであるのに対し、差別化を図っています。世界初の電動メタルオープンは、SLKであり、当時500万円を切る価格でしたから、世界的に大ヒットしました。しかし、BMWも参入していないことから解かるように、非常にニッチな市場であるのもまた事実です。ソフトトップに比べて耐久性はありますが、価格も高くなりますし、トランクのスペースも狭くなるという欠点があります。また、ソフトトップからハードトップの脱着式に変更する事も可能です。以上のような理由から、電動メタルオープンって少ないのだと思います。
中古車を売るならどこがいいの?