車査定

軽自動車のエンジンオイルについて


みなさんは車の中で基本中の基本ですが、エンジンオイルの交換をしていると思いますが、人によってはかなりまちまちでどのくらいでエンジンオイルの交換をしているのかというのは乗り方であったりまた、3000キロくらいか一年に二回とか自分なりにサイクルを決めているようにおもいます。しかしエンジンオイルは人間の血液と同じでなかなかかえないとどろどろでなかなかエンジンの性能を100パーセント発揮できなかったり、また燃費がやたらとわるくなってしまったりや色んな事がでてきます。ですから、エンジンオイルの交換は本当に大切で小刻みに変えることをおすすめします。特に軽自動車の場合はエンジンオイルは過酷な状況にあるといえます、排気量の大きいエンジンの普通車に比べて特に同じ速度域でもエンジンが小さいもしくは排気量は660CCですのでエンジンの回転数はたかくなるのでそのぶんエンジンは高い回転域で回っているわけですよね。そこでエンジンオイルが汚れているとエンジンの潤滑が上手くいかなくなってオーバーヒートやエンジンの中のピストンなどの部品の劣化にもつながってくるのですよね。ですからかなりシビアにいいエンジンオイルを軽自動車は入れるべきではないのかなと私はおもっています。